┣ 今日のつぶやき┣ 息子さんたち┣ 長男くん

気持ちも空間も風通しを良く。 余白があるとアイディアが降ってくる不思議

私は年に数回、
猛烈に断捨離したくなる
衝動に狩られます。

今年に入って、
すでに何度もその波に襲われ、
少しずつ、少しずつ、
家から物がなくなっていきました。

さよーなりぃ。

それでもまだまだ
不要だと思うものが、
出てくる。

不思議だ・・・

今の季節は
子どもたちの服の見直し。

この一年というよりも、
この半年で
グッと大きくなってきた息子たち。

小さくなった服を
ダンボールに入れてみた。

ギュギュッと詰めて2箱。

それでも入りきらないものもあり。

こんなに一気にサイズが
変わってしまう時期に遭遇するとは。

まだまだ着られるレベルだし、
捨てるのももったいないっっ。

 

ということで、
寄付できるところを探しました。

東南アジア系に寄付してくれる
団体へ。

 

なので冬服は引き取ってもらえませんが、
春から秋まで使えそうなものならOK。

もう一度、半袖から
薄い長袖だけを
ダンボールに入れ直しても
2箱あり。

この2箱を送りました。

郵便局まではチャリで。
後ろは長男に
支えてもらいながらね。

子どもたちの思い出の詰まった
洋服を異国の子供達が
また着てくれたらいいなぁ。

 

という願いを込めて
送りました。

物理的にも、
視覚的にも、
ものがなくなり、
空間ができる

手放すまでの
作業を
自分で実感できる

明らかに
自分の中にも
余力となる
余白が生まれる

そういう状態の中で、
改めて自分のことを
考えたりするとね。


降臨! アイディアの神様!


ありがとうございます。

 

という清々しい体験が
できたのです。

この時期、
断捨離やら、
お家の片付けやら、
お仕事の見直しやら
されている方も
多いと思います。

そういう方、

結構、
いいアイディアが
浮かんだり、
いいこと
ありませんでした?


ドキッ♡

 

私には見える、見えるのだ。

洗濯機も詰め込みすぎては、
洗濯物の汚れが落ちないように、
程よい余白、余力がないと、
通常の、
通常以上の力は発揮できないと
思うのでしたぁ。

あとは、
私のブクブクしていく
体のお肉を断捨離しないとね。

みんなに会えるようになった時に、

「えっ? 誰?
ゆっこちゃん???」
(声、高めでね。)

細くなったねーという意味で、
言われるようになるのが
目標です。

「えっ? 誰?
ゆっこちゃん???」
(声、低めで消えるように)

肉に埋もれた中に、
かろうじてゆっこの面影が
残るようにならないように
いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください