┣ Webのお悩み相談室

LINE公式アカウントで権限トラブルになる前に

LINE公式アカウントをお持ちで、
運営されてますか?

開設される時は、
業者に委託や、
スクールなどで学びながらでしたか?

ありがちなトラブル話
ありましたので、
お知らせしますね。

先日、お客様から
LINE公式アカウントについて
ご相談がありました。

ご自身のサロンの
LINE公式アカウント(以下LINE公式)を
開設するときに、
あるセミナーで
学びながら設置されたそうです。

その設置の時に、
講師の方も管理者として
サロンのLINE公式に
登録されていたようです。

ご自身もLINE公式を
運営していくうちに、
その講師の方の
お力はもう必要ないと思い、
その方を権限から
抜けていただこうと思ったそうです。

ですが

どのようにしたらよいかわからず、
私にご相談いただきました。

そのお客様のLINE公式の
設定画面を拝見したのですが、
私はびっくりしました。

権限表示がないっっ

設定画面に「権限」の項目がなかったのです。

これはどういうことかと言いますと、
そのセミナーの講師が管理者で、
当のサロン運営者は
メッセージ配信などができるだけの
運用担当者だったのではと思います。

普通に配信はできるので、
権限までは
気づかなかったんだと思います。

もしかしたらそのセミナーは
講師が管理者になり、
今後もサポートしていくという
スタイルのセミナーだったのかもしれません。
(申し込みの段階で明記してあるか、
説明があればいいのですが)

LINE公式という
初めてのツールを使うことで、
詳しいことはよくわからず、
講師の人を信じて学んだはずなのに、
いつまでも管理され続けるという・・・

なんとなく全体像はつかめましたか?

管理者に第三者が入り続けた場合の予想されるトラブル

第三者(ここではセミナーの講師)が管理者にいて、
自分が運用担当者だった場合
これがどんなトラブルに繋がるかと言いますと。

  • 第三者を管理者から外そうと思っても、自分にその権限が最初からないのでできない。
  • メッセージ配信、個別のチャット対応、解析などを第三者が勝手に見ることや使用することができる。
  • 必要ないのに、常に管理されているという状況が続く

そしてこの状況から抜けるには・・・

その第三者に権限を
自分に与えてもらい、
抜けてもらう

という

話し合いをしなければ
ならなくなってしまうのです。

スムーズに行けばいいのですが、

もしかしたら第三者からは
「話が違う」と
態度が変わるかもしれません。

その場合はお互いに
しこりが残ってはしまうと思います。

それでも今後、
ご自身のLINE公式の運営は
自分でやっていきたいと思うのであれば、
解決方法の提案としては。

  • 第三者から権限を譲ってもらい、その方には抜けてもらう
  • 権限も譲らないとごねて話が進まない場合は、新しくアカウントを作って、お客様に登録し直していただく。

後者の場合は、

せっかく集めたリストが
減ってしまう可能性はあります。

LINE公式アカウントの
運営を教えてくれるセミナー。
1dayだったり、
数ヶ月のサポート付きなど、
たくさんあると思います。

トラブル回避するために、
選ぶ時にはぜひ、
方法を教えてもらうだけで、
自分で設置・管理をするのか
講師は管理者に
入るか否かなど
確認してくださいね。

あとあと、
ややこしい問題になりかねます。

私は管理者に講師であれ、
第三者は入れないことをお勧めします。

期間限定で
カラーセラピーとアメブロヘッダーデザインを

同時に受けられるコラボ企画を開催中です。

カラーセラピーとデザイン。
なかなかない組み合わせ。

もう少し詳しく知りたいなーという方は、
下のバナーより詳細ページにどうぞ。

じゃぁ、またね。

ただ今、LINEのお友達登録で
「Webデザイナーが教える
ここだけは おさえたい!!
アメブロ デザイン
10のポイント」
のPDFファイルをプレゼント中。
ぜひ、受け取ってくださいね♪ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください