┣ SNS & Webお役立ち情報

「写真をお借りしてます」って持ち主さんに許可もらってますか?

他の人のブログを見ていると
たまに見かける

「写真をお借りしてます。」

 

という注釈とともに、
写真の掲載。

えっと・・・

その写真の持ち主の方に

「私のブログで使いたいので、
あなたの写真を借りてもいいですか?」

と許可をもらっているのなら、
いいんですけれど。

「お借りしてます」

その言葉をつけたら
無許可でもOKなんてことは

 

ありません!!!

著作権に引っかかります。

 

商品の写真とか、
芸能人の写真とか、

そのままブログなどで、
流用していたら

アウトですよー。

 

ネット上に載っているとしても、
著作権はあります。
芸能ニュースに
掲載されていた写真などは、
フリー素材ということは
ほとんどありえないと思います。

 

自由に見れるけれど、自由に使えるとはかぎらない

 

例えばね、

旅行が好きで、
特になかなか見られない
オーロラを見たい。
旅行資金を貯めて、
そして
旅先での写真を
綺麗に撮りたくて、
カメラを学んで、
やっとオーロラの
今世紀最高の一枚が取れて、
自分のホームページに
掲載したものを
全く知らない人が
ブログなどで
勝手に使っていたら

 

持ち主さんは

どぉおもうかね?

ネット上に載っているのは、
自由には見れるけれど、
自由に使っていいとは
言ってないわよん。

画像のダウンロードも、
スクショも簡単にできる世の中。

検索すると、
画像一覧でも出てくるから、
お手軽に使えそうな気になっちゃうけど。

ダメよー。

 

写真を使う時の2つの方法

 

では、どうすればいいのか?

法を犯してまで、
どうしてもネット上の写真を
使いたいっっっ

なんて人はいないと思います。

写真を使うのならば、

 

1. 自分で撮影したものを使用する

 


アロマで仕事をしようと思っていた頃に
ハワイで撮影した写真。
流用防止で名前入れてます。

自分で撮影は、
手っ取り早いですね。
でも自分でイメージした
ドンピシャな写真が
撮影できるとか、
持っているとはかぎらない。
ちともどかしいですね。

それと

自分で撮影した写真を
逆に無断で伝われたくなければ、
アプリなどで、
文字入れしてしまうのもありですよ。

 

2. 素材サイトのものを使用する。

 


素材サイトの写真です。
こんな写真は自分ではとてもとても撮影できませんものね。

無料で使える無料画像素材サイトで、
代表的なものはこちら

Photo AC
https://www.photo-ac.com/

UNSPLASH
https://unsplash.com/

私もよくお世話になってます。

ただ、素材サイトでも、
商用利用OKだけど、販売はNGとか、
色々とルールがあるのでチェックしてね。

知らないうちに
誰かを傷つけていたら、
嫌でしょ?

写真の使い方。
気をつけてみよう。

ただ今、LINEのお友達登録で
「Webデザイナーが教える
ここだけは おさえたい!!
アメブロ デザイン
10のポイント」
のPDFファイルをプレゼント中。
ぜひ、受け取ってくださいね♪ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください