┣ マインドについて┣ 仕事のつぶやき

邪魔になるくらいのプライドなら捨てちまぇいっ。初心を思い出せー。

自分が提供できるサービス

 

お客様が求めていること

 

イコールとはかぎらない。

 


それこそ


事件は会議室で起こってるんじゃないっ。
現場で起こっているんだっ!!!

 

という世界。

会議室にいるのはあなた
現場にいるのはお客様

温度差あるぅぅぅ。

 

あーだこーだと、
自分ができるサービスを
綺麗に丁寧に考えても、
そこにお客様がいなかったら。

実際にお客様は、
現場でもがき苦しんでいて、
なんとか解決しようと
動いているところに、

あははは
うふふふ

ここよ、ここ。
ここまできたら、
教えてあげるわー、

と、お花畑から
ささやいているようなもの

では


意味なし。

 

結構、しでかしてるんですよねー。

昔の私がそうでした。

嫌な奴でしたね。

今なら素直に
お客様に聞いちゃいます。

「どんなことが解決できたら嬉しい?」

ってね。

リサーチ、大切。

 

というのはみなさん
お分かりと思うけれど、
実際に、お客様や
未来のお客様に

何に悩んでいるのか
何が欲しいのか


聞いたことあります?

 

そんな直接聞くなんて、
プライドが許さないわ。

なんて言っていたら


ダメ〜

 

誰かの力になりたい。
サポートしたいと
思って始めた仕事ですよねっ。

だったら


素直になっちゃえっっ

 

ストレートに

「どんなふうになれたら嬉しい?」
「どんなことに悩んでいる?」
「最近、困ったことあった?」
「どんなイベントがあったら参加したい?」

を自分のサービスに
照らし合わせて聞いて、
返答を
自分のサービスに
照らし合わせる。

そしてサービスを練り直す。

 

それでお客様が集まらなかったら、
反応がイマイチだったら、


またサービスを練り直せばいい。

 

変なプライドなんて
捨てちまえっ

雲の上の完璧そうに見える
キラキラした人よりも、

あっ、
ちょっと頑張れば、
あの人のようになれるかも?
あの人のように近づけるかも。
あの人が持っているようなもの、
手に入れられるかも。

そんなリアル感がある人から受ける
サービスの方が
お客様は現実的だと思うんでは?
と、私は思うのでした。

お友達登録、待ってます♪ ↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください