┣ SNS & Webお役立ち情報┣ 仕事のつぶやき

「専門用語」は鎧を着た武士か、甲冑をまとった騎士か!?

本を読んでいても、
ネットで調べ物をしていても、
そいつは突如として、やってくる。

専門用語

 

こ、こいつはなかなか厄介だせ。

漢字が繋がったものは
ガッチガチの鎧を着た武士のが、
刀に手を添え威嚇しているよなイメージ。

例えば

最近、私が思ったのは
コロナ関係で出てきた

実効再生産数

 

1人の感染者が平均で
何人を直接感染させるかを
示す言葉。

一目見ただけで、私にはわからん。
コロナが流行らなかったら、
こんな言葉知らないし。

でも、大事な言葉だったわけで。

もう一つ

横文字、カタカナの言葉。

横文字になっていると、
甲冑を着てサーベルを持った騎士が、
「ふふん、そんなことも知らんのか」
と、サッと切りつけてくるイメージ。

例えば

都知事の百合子さんの
会見中の言葉で出てきた

オーバーシュート

 

これは本当に英語なの?
和製英語?
それすらも区別がつかない。

何も知らずに聞いたら、
バスケでシュートを打ったが、
大きくコースを外れたような
ことを言ってるのでは?
と勘違いしたことでしょう。

本当は「爆発的患者急増」
という意味らしい。

が、和訳したところで、
また漢字の羅列。
ウッとなる。

今回は状況が状況なだけに、
その言葉を調べたり、
池上彰さんが説明してくれたりで、
どんな意味かわかったけれども。

本気で。

いや、

やや本気な気分にならない限り、
自分で調べたり、
知ろうとはしない。

調べたとしても、
その説明が
また難しかったりすると、
そこで離脱。

知らなくったってぇ♪
調べなくたってぇ♪
私の人生では
へいき、なの♪
(アタックNo.1の曲に合わせる)

まぁ、平気でしょう。
その言葉は知らなくても、
コロナ対策はできるわけで。
でも知っていれば、
なおさら良いわけで。

なおさら良い!!!

 

これをさらっと提供できる人に
なろうではないかっっっ!!!

あなたはアロマセラピストさんですか?
フラワーエッセンスの専門家ですか?
それとも
ハーブの先生でしょうか?

きっと何かのプロの方と思います。
コツコツと学び続けてきたことは,
あなたの血となり肉となってます。

そして今では
当たり前な知識になっています。

だーかーらこそ。

やりがちなこと。


お客様に専門用語を
たくさん使いすぎてませんか?

 

お客様にあなたの知識を提供するときは,
なるべくやさしく,
噛み砕いた言葉でね。

例え話なんて使ったりすると、
いいですよね。

これは意識的にやっていかないと、
無意識に炸裂してしまいます。
そしてお客様は

ポカーン・・・

もういいや・・・

さよなら・・・(離脱)。

ダメよー、
そんなことでお客様を
離してしまうなんてダメよー。

じゃぁ、

専門用語を使わず,
わかりやすい言葉を
使用することでできる
メリットを挙げてみよう。

  • お客様が理解できるように常に意識できる
  • 自分の理解度がアップする
  • 専門用語→やさしい言葉への変換が習慣になる
  • お客様が理解できる
  • お客様が質問しやすくなる
  • お客様が心を開く
  • お客様があなたを信頼する
  • お客様があなたからサービスを受けたくなる

  • お客様があなたのファンになるのだー!!!

 

どぉ? すごくない?


お友達登録お待ちしてます♪ ↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください