┣ マインドについて

流れ星に願い事を言って叶うのか? 否か?

今日は
潜在意識アロマ(R)セラピスト
としてのゆっこのお話が強いかな。

「流れ星に
願い事を言うと叶う」

と言う話は誰でも
知っていると思います。

夜空を見上げて、
今か今かと、
流れ星が落ちるのを待ち、
いざ流れ星を見たら、
まずは興奮が先に出て、
言葉なんて出てきやしない。

せいぜい

「あっ!」

「あっち!」

「見えた!」

と言うくらいでしょうか。

なんたら流星群が見える日に、
実行するなら可能なのか?

私は試したことはないけれど、

物理的に
あの一瞬に願い事を言うなんて

ほとんど無理じゃね?

 

思うのです。

じゃぁ、なんで
流れ星に願いをかけると、
叶うと言われているのでしょうか。

ある方からのお話で、

そうなのかもー

と私が思ったことは。


「願い事を常に
思っているからなのではないか?」

 

と。

なりたい自分
手に入れたいもの

ワクワクするような
未来の自分を

常にイメージしているから

 

なのではなかろうか。

その良いイメージを
いっつも、いっつも、
自分に落とし込んでいる。

潜在意識に落とし込んでいる。

 

最初は意識的にでもいいと思うのです。

ワクワクする未来。

想像していき、
どんどこ
潜在意識にインストール

でもここで終わったらダメー!!!

 

早く変わりたい!
早く成功したい!
早く手に入れたい!

と思っているだけではダメー!!!

それに向けて、
毎日、足を止めないこと。

 

ここまでやってきて、
成功しないわけがない!

ここまでやってきて、
手に入れられないわけがない!

と、自分を信じて、
行動を続けること。
思い続けること。

世の中、
そんなにうんまい話はありません。
うんまい話の裏には、
落とし穴があるのが世の常。

自分を信じ、
繰り返しの努力。
繰り返しの行動!

 

それがあって、
願いが叶うんだと思うのです。

で、

顕在意識でも、
潜在意識でも、
未来の自分像が常にあり、
自分も変わる行動を続けていれば、
願い事は現実になると思うのです。

流れ星は宇宙を漂う星くずです。
大気圏に入ってきた摩擦熱で、
燃えて光ったものです。

星くず・・・

星屑

 

ほーしくーずのすてぇーじぃ♪

 

きゃー!!!
チェッカーズ!!!


星屑のステージが主題歌だった、
『うちの子にかぎって…』
のドラマが好きでした。
高橋良明くんも好きでした。

流れ星はステージなのか。
私たちはステージに
立とうとしているのか?

決めたものは形になる。
それが想像したものだろうと、
言葉にしたものだろうと。

決めなければ、
ただの波。
漂う波。

量子論の世界では
そんな話になってますよね。

と言うことは、

流れ星が流れている間に、
願い事を言うことが
重要なのではなく、

ワクワクする未来を
想像して、
意識して、
行動している時に
見れた流れ星には、
とても意味があるのでは
ないかという結論を
勝手に私が出しました。

私は
星屑のステージに立つ気持ちで、
毎日、
歩みを止めずに進みまーす。

ちなみに星屑にならずに、
地球に届いたものは、
隕石です。

大気圏をくぐり抜けてきたなんて、
ガンダム並みの強さです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください