┣ デザインについて┣ 仕事のつぶやき

こんなお客様は嫌です。 ワースト3!!!

昨日はデザイナーと
クリエイターとの違いを
私なりの考えを
お話ししました。

デザイナーとクリエイターの違いを明確にして私は仕事をしています。【個人的見解含む】

今日はデザイナーとして、
お仕事を依頼される時に、

こんなお客様だったら

嫌だなぁ

ワースト3を発表します。

 

さっそく、いってみよ!!!


第3位

レスポンスが遅い人

 

申し込みをいただいた後に、
デザインの打ち合わせを含め、
色々と連絡を
取り合うことになります。

連絡をしても、
一向にお返事がない人。

こっちも不安になるんですぅぅぅ

 

状況がひどくなる場合は、
お仕事と割り切り、
言いたくないことも、
伝えないと
いけないこともあります。

結構、つらいんですよぉぉぉ

ただ、
お返事が欲しかっただけなのです。

 

私にお仕事を
依頼したということは、
一時的としても、
私と繋がりをもつということ。

お互い大事な時間です。
大切にしましょうね。

では、次に行きます。

第2位

値切る人

 

価格はかなり考えて決めています。
私の場合は

  • 募集するまでの下準備
  • 打ち合わせ
  • お客様のイメージをまとめる
  • お客様と確認する
  • お客様のイメージをさらにまとめる
  • 素材集め
  • 制作作業
  • 修正
  • 納品
  • その他、事務作業
  • 光熱費
  • アフターフォロー

などなど・・・

募集から納品まで時間かかります。
1つの制作物を作るのに、
結構、お金もかかります。

それを含めての金額です。

個人でエステなどの
サロンをされている方なら
わかるかしら?

施術代には施術代だけではないですよね?
お客様をもてなすためのサロンづくり。
お部屋代、お掃除、
オイルやタオル、洗濯したり。
美味しいハーブティや
それにあわせたカップなど。

そしてそして、
そのサービスを提供するために
学んだ時間。

見えない時間と、
お金がかかっていますよね。

過去に、修正の範囲を超えて、
デザインの作り直しを
お願いされた案件がありました。
最初のお申し込みの段階で、
全く違うデザインになる場合は、
新規の料金がかかることは、
伝えてはあったのですが・・・

まずは

払うの?

から始まり、

次は値切ってきました。

金額まで指定してきました。

ルールを決めて
お知らせ済みでしたので、
それに基づき、
丁寧に説明をして、
納得していただきましたが、

お互いに
心に嫌なシコリが残りました。

 

逆を言えば、

私が選ばれたのは、
「うしごめゆきこ」を
選んだのではなく、
「金額」だったのか・・・

と言うことでも
あったのかもしれません。

値切られた一件から、
かなり時間が経ちましたが、
私も反省を踏まえて、
最高のサービスや、
制作物ができるように、
取り組んできましたよー。

それでは

こんなお客様は嫌です。

 

映えある

ワースト

第1位は

 

・・・長くなってしまったので、
次回に続きます。

しばしお待ちを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください