┣ 心結びのお仕事

心結びデザイナー誕生秘話。女性向けデザイン専門への道 その1

友達いわく,
最近の私は
とても頑張っているようです。

いや,頑張ってます。

だって,
私のWebデザインで,
お客様をサポートできて,
お客様のモチベーションが上がって,
お客様の成果もあがってくると考えたら,

ちょーうれしいじゃん。

 

お客様をハッピーにすることも,
もちろん大事。

だけど,

もういっこ

デザインをするということも,
私は大好き。

Webデザイナーって,
ぶっちゃけ誰でもなれます。

「今日から私はWebデザイナー」

 

といえば,
それでなれる職業。

だって国家試験もないし。

むかーし,むかし,
まだ私が今よりお肌が
ピチピチしていたころ,
デザイン関係の会社に入って,
頂けた名刺の役職

「Webデザイナー」

 

ってあったときは,
めちゃくちゃうれしかったなー。

それでもう十分なんて,
半分,満足してしまうくらい,
私の中では

デザイナーになれた!

 

というのがとても大きかった。

いや,割愛しますが,
昔からなりたかったわけではなく,
いろんな人生のタイミングで,
Webの世界に
入ってしまったんですけれどね。
それまではガチガチの
経理人でしたから。

で,デザイナーになれました。

で,実力は?

正直,わかりません。

 

コンテストとかに出たわけではないし,
在籍していた企業では
やっていけたというレベルです。
ただ,コツコツと,
学び続けてはいました。

デザイン事務所や,
企業のWeb課の経験を経て,
思ったのは・・・

上には上がいる

 

もちろんそうでございます。

えっ? これだけの説明で
これを作れちゃうの?

あの打ち合わせで,
これがイメージできたの?

本まで出版しちゃうの? あーた?

いろんなデザイナーをみてきました。

すばらしいデザインをする人々は
いるわけです。

私のデザインなんて
もう,穴があったら
入りたいっっと
思ってしまうほど,
悲しくなるくらい,
しょぼく感じたり。

比べたってしょうがないのにね。

ただ,

お客様に満足してもらえたら,
それでいいんだってこと。

 

お客様の
リクエスト,イメージ,

世界観を出せたら,
もっと言えば,
予想以上を具現化できたら,
それでいいんだってこと。

 

私は企業のホームページを
制作することが多かったです。
なので,
きっちり,ぱっきり,
わかりやすく,
スマートに・・・

簡単に言えば,

堅苦しいのばかり。

 

その方法かなり染み込んでました。

それが

ほんとに

意外なタイミングで,

 

アロマ仲間から

「名刺を作って」

 

という一言から,

私はデザイン制作への
ありかたが変わったのでした。

長くなりそうなので,
今日はここまで。
次回につづきます・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください