┣ 今日のつぶやき┣ 嬉しかったこと。悲しかったこと。

永井文子さんの作陶展へ行ってきたよ♪

波乗り友達でもあった永井文子さん。
彼女のインスタはこちら。作品、とても素敵です。

今日から横浜高島屋で作陶展をひらいているというので、
行ってきましたよー。

約15年ぶりの再会です。

夫も同じ波乗り友達だったので、
彼女のはことは知っているのです。
で、私たちが結婚した時に、
夫婦茶碗を焼いてくれたの。

彼女は国内だけでなく海外にも行って作品を作る陶芸家さん。
今は長崎に移住してしまったということもあり、
なかなか会えなかったので、
今回の横浜個展は「会うべきタイミングだ!!!」と。

私は陶芸のことはよくわからないけれど、
彼女のたくさんの作品をみて、

「自由」

「使い手への気づかい」

を感じました。

白っぽい焼き物や、黒っぽい焼き物。
ツルツルの焼き物に、ザラザラの焼き物。

一つの型にハマっていないのです。

その場所の土や素材で何が作れるか???

を考えて作っていると彼女が話してくれました。

そして陶芸が好きなんだなーというのをとても感じました。

自分が動きたい時、変化に躊躇している時などは、
エネルギーの高い人に会うってすごく大切だなって思いました。

今日は文子さんが私にとってのエネルギー高い人。

最後に会ってからかなり経ってしまったけれど、
彼女の笑顔は変わっていなかったし、
さらに素敵な女性になってました。

一目惚れしてしまった可愛い湯のみ。

同じ種類の湯のみが5つ飾ってありました。

「手にとって、しっくりするものを選んでね。」

と文子さん。

で、選んだのはこの子!!!

使いながら変化を楽しんでいくもの。

そして永久に形が続いてはいかないもの。

そういうはかなさを感じながら大事に使っていきまーす。

(なんか偉そーな感想)

せっかく横浜まできたので、
ランチでもしていこーってことで、
高島屋の中のカフェでお一人様を堪能。

こういうブレートでいろんなものが乗っているのが好き❤︎

全部食べられるかなーと心配したけれど、
余計な心配でございました。

永井文子さんの作陶展

2019年3月6日から3月12日まで
横浜高島屋 7階
美術工芸サロンにて

みなさん、文子さんに会いにー。
作品はどれもこれも素敵だけど、
私は片口の器も気になったのよねー。
彼女の使い手へのこだわりがたくさんありました。

オマケ

これ、載せたら怒られるかな。
彼女に作ってもらった夫婦茶碗。
まだ大切に持ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください