┣ 今日のつぶやき┣ 嬉しかったこと。悲しかったこと。

生きていくんです

今日で東日本大震災から7年が経ちましたね。

みなさんいろんな思いで過ごしていると思います。

 

 

7年前はまだ子供達も本当に小さく、

ちょうど幼稚園から帰ってきて、そろそろおやつにしようと用意をしていた時でした。

 

家の下に硬いボールが敷いてあって、

それがゴロゴロと動くような大きな揺れ。

棚からは写真立てが落ちて割れる。

キャビットも今にも歩きだしそうに大きく揺れる。

長男は頭を抱えて小さくなり、

次男は恐怖で固まっていました。

親子三人で寄り添い、揺れが収まるのを待ちました。

本当に長かった・・・

 

今でもはっきり覚えています。

 

夫は都心からノンストップで3時間かけて歩いて帰ってきました。

顔を見たときは本当に安堵しました。

 

思い出すだけで、胸がぎゅーっと締め付けられます。

 

津波の映像、倒壊しているの建物の映像。

そして、原発の爆発。

 

ああ、もう私たちも死ぬんだろうな。

放射能の影響ってどうやってでるんだろう。

どのくらいの時間、生きられるのかな。

本当にそう思ったのを覚えています。

 

未だに仮設住宅で生活をしている人や、

収束の予測もできない原発事故の後処理。

 

一度、震災が起これば、終わりなんてないのかもしれません。

 

関東にも届いた放射能プルーム。

知識のないまま、子供と公園で遊んだこと。

 

金町でヨウ素が出た時、

知識もないまま、その水を使って料理をして子供たちに食べさせたこと。

 

そのことが今後、彼らにどのような影響がでるのかわからない。

 

これは私の一生の後悔。

 

それでも、

それでも、

今、生きているのは現実で、

家族も生きている。

過去を変えることはできないのなら、

これからどうしていくか、

忘れてなかったことにするのではなく、

考えて進んでいくしかないよね。

 

子供達には7年前の今日のこと、

そのあと、かーちゃんは何をしたのか、

日本はどうだったのか、

何度でも伝えようと思っています。

 

そして今日は祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください